コスメだったり、食べるモノだったり。。。

ぜったいキレイになる〜

慢性的な便秘のこと

母の腸内環境がよくなってお肌がつやつやに

更新日:

以前から腸内環境をきちんと整えると肌がキレイになると知って、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、そのじつ、ヨーグルト同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。
乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。
これではちょっと恥ずかしい思いがします。
というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うものと聞きます。
その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、急に高熱にまで達し、3日から7日は最低それが続きます。
タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など少々違いが見られます。
場合によっては、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、怖くもある感染症です。
わたしの母は重度のアトピー患者です。
遺伝したみたいで、私も同じくアトピーになってしまいました。
皮膚がボロボロになって、日々保湿を欠かすことができません。
お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も厳しいのです。
母のせいではないですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、怖くなってしまいます。
おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。
おならによる臭いの原因は腸内にある悪玉菌によるものだとされています。
そんなわけで、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌の増殖を防止する能力のある乳酸菌を摂ることでおならの臭いを相当、減らせます。
毎日摂取している乳酸菌のおかげで、私はすごく健康になりました。
毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。
ヨーグルトは工夫次第でいろいろと味を楽しめますし、便秘をせずに過ごせます。
乳酸菌を摂ることにしてから、肌の調子も良くなってきて、ダイエットにもなりました。
最近、乳酸菌がアトピーに効くことが解明されてきました。
実はアトピーの原因はいろいろありますが、毎日、毎日たまるストレスや偏っている食事などによって引き起こされる場合もあります。
多くのアトピー患者は腸内環境が整っていないため、乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることがアトピー克服への第一歩となるでしょう。
乳酸菌と耳にして思い浮かぶのはカルピスですよね。
子供のころから、日々飲んでいました。
なぜかというと乳酸菌が含有されているからです。
母親が毎朝、私に飲ませてくれました。
そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。
カルピスを飲んでいたためにとても身体が丈夫になりました。
昔から、乳酸菌が身体に優しいのは有名な事実ですが、実は有効ではない説もあります。
これについても本当かどうかなんてわかりません。
なぜかというと、体質には個人差というものがあるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、すぐに効く薬ではないからです。
自分に合うかどうか確認してから考えてください。
便通で悩む事って産まれてから死ぬまでに必ず一度は体験したことのある方ばかりだと思います。
私もその経験があり、酷いと一週間便が出ないこともあります。
便秘に効果的な薬もありますが、私はアレがあまり好きではないので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖を愛用しています。
穏やかに効いてくれるのがいいと思います。
オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として関心を持たれています。
オリゴ糖を摂取した乳酸菌の働きはアクティブになり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。
乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするにはなくてはならない成分だと主張することができます。
赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、殊の外大変なことになりかねません。
まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、結果、インフルエンザで死亡することも可能性が有るでしょう。
そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを外に出さない方が確実かもしれません。
少し前に、インフルエンザになってしまって病院を受診しました。
潜伏期間はどのくらいなのか分かっているわけではないのですが、インフルエンザにかかっている人と接触の機会があって感染してしまったのだろうと思われます。
高い熱が3日続いていて辛い思いをしました。
高い熱が熱発するインフルエンザなので、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。
便秘にいい食べ物を毎食摂っています。
ヨーグルトです。
日ごと朝食べています。
食事するうちに、便秘が解消してきました。
ひどかった便秘が完治できて、便秘薬を飲む必要がなくなりました。
差し当たって ポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて喜ばしいです。
1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、参考になる量と回数は商品の外箱に、目安はそれにして下さい。
摂取するのと比較した時、飲む回数を数回にした方が、身体に取り込むことを考えると効果があるやり方です。
私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。
まだ小さかった頃から知られていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、たえず私のお腹を守ってくれていたのでした。
「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはビオフェルミンとなるのです。
昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところに存在する天枢(てんすう)です。
また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結(ふっけつ)というツボも効くと言われています。
手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。
便秘のパターンによっても、効果を得ることができるツボが違うので、ピッタリのツボを押すと改善が見られやすいでしょう。
私がなぜ便秘になったかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。
通勤も毎日車なので、ほとんど歩く事もありません。
犬を飼っているわけでもないので、散歩にも行きません。
そのような事情で、私は便秘なのだろうと思うのです。
便秘の改善や予防のためにも、今日からウォーキングを始めることにします。
現在は毎年のように冬になるとインフルエンザにかかる人が多数でます。
年々予防注射をする人数も増えてきているようですが、都市部では莫大な人数がインフルエンザになっています。
いくつも感染経路は可能性がありますが、公共交通機関や街中、職場など、大人数と接触する時にうつっていることだと思います。
アトピー性皮膚炎の患者の角質層はセラミドという成分がなにもない状態の皮膚よりも減っていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が低くくなっています。
ここを補って健康な状態に戻すには、保湿が最も大事です。
そのためには、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を使う事が必要なのです。
一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品等です。
大変な便秘の方は、とにかく便が固く腸内に 滞った状態に落ち着いています。
この状態を消えさせて、お通じを出やすく柔らかくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら腸内環境を改善するのが良いでしょう。

-慢性的な便秘のこと

Copyright© ぜったいキレイになる〜 , 2018 AllRights Reserved.