コスメだったり、食べるモノだったり。。。

ぜったいキレイになる〜

こそだて

インフルエンザってこわい

更新日:

1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザといったものに感染をし、熱を出した後、急激に意識障害やけいれん、異常行動等の症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症なのです。
インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、回復の後に後遺症が残ってしまう場合もありえます。
この数年、乳酸菌がアトピーをよくすることがわかってきています。
引き起こすものはいろいろありますが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって引き起こされる場合もあります。
多数のアトピー患者は腸の状態がよくないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピー克服への第一歩となるでしょう。
ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、かなり痛ましい姿でした。
様々な治療法をやっても、殆ど、効果がなかったのに、家を引っ越したところ、いきなり肌が綺麗になり、痒みもなくなりました。
できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーに効くかもしれません。
一般的な乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌とは一体何か調べてみました。
いろいろ探してみたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。
これは常識なのですか?30年余り生きて来て、とても驚いた事実です。
実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として高く興味を持たれています。
事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の動きが活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を良くしてくれます。
乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするにはなくてはならない成分ということができます。
おなによる臭いに悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。
実はおならが臭いをもたらす原因は悪玉菌にあるとのことです。
ですから、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防ぐ能力のある乳酸菌を摂ることで臭気をだいぶ抑えることが出来ます。
通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はセラミドという成分が健康な状態の皮膚よりも少ない状態になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が下がっています。
これを補足して健康に近づけるには、保湿することがとても大事です。
それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発しないように保湿剤を塗ることが必要なのです。
便秘にいい食物を毎日食しています。
それはバナナにヨーグルトです。
毎朝食しています。
食事するうちに、便秘が解消してきました。
あれほど頑固で、ひどかった便秘が解放されて、便秘薬を飲むことも終えました。
現時点でポッコリしていたお腹も、痩せてきていて嬉しいです。
知っての通り、乳酸菌を過剰摂取しすぎたとしても特に副作用はありません。
ただそうではありますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーがオーバーする可能性もあります。
消化吸収できる量にも限界というものがあるので、そう考えても、常識的な量を守っておくと安心でしょう。
ここ最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌がすごく有効だということが知られてきました。
というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。
日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力のほうがアップして、インフルエンザを予防してくれたり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。
この間、インフルエンザにかかり内科を受診しました。
潜伏期間は何日くらいあるのか明確ではないのですが、インフルエンザの人とどこかで一緒になって感染してしまったのだろうと思われます。
3日間にわたって高熱が続いて辛い3日間でした。
インフルエンザは高い熱が続くので、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。
私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、何てったってビオフェルミンです。
まだまだ子供だった頃から売られていたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、いつも私のお腹を守ってくれていました。
「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはビオフェルミンです。
乳酸菌が身体に良いということは有名な事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。
これについても本当かどうかなんてわかりません。
なぜかというと、当然、体質は個人差というものがありますし、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、即効性が期待できる治療薬ではないからです。
自分に合うかどうか確認してから考えてみてください。
乳酸菌には多くの効果があるようですが、とりわけ、整腸作用に良く効くといわれています。
腸内善玉菌の数を多くすることで腸内が活発になり体の中で蓄積した便が出やすくなります。
その為、便秘や下痢になりにくくなります。
乳酸菌を常用することで整腸効果が高くなると考えられています。
元々、母はひどいアトピー持ちです。
遺伝したみたいで、私もアトピーを発症しました。
肌がボロボロになってしまって、日々の保湿が欠かせません。
お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出もできなくなってしまうのです。
母を責めるわけではないのですが、将来、私の子供にも遺伝する可能性があるのではないかと思うと、絶望的な気持ちになります。
腸内環境を整えていると肌がキレイになると知って、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む食品みたいです。
「乳」というその名の通り、乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。
これではちょっと恥ずかしい気持ちです。
いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃前後まで上がって健康を害したので、翌日通院しました。
結果、インフルエンザの検査が受けられますよとおっしゃいました。
万が一、インフルエンザだったら、それにあったお薬を頂けるので、確認したいと感じました。
以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、ちょっとずつですが、良くなってきています。
便秘改善に効果があった方法は、毎日必ずヨーグルトを食べる事でした。
友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、実践してみようとヨーグルトを買いまくって、実践してみたのです。
実践していくうちに、だんだん治ってきて、便秘の苦しみから解放されました。
大便が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭が発生します。
いくら食後のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口臭は腸から胃を伝わって不要物を出そうとし、口臭の原因になるのです。
この時、便通が改善されると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。
ご存知の通り、アトピーの改善には食事も大事になります。
アトピーに対して効果的な食べ物を心がけることで美しい肌になることができるでしょう。
消化器系の内臓器官を整えて免疫力を強める成分としてヨーグルトならびに大豆食品などを毎日一定量摂取するとアトピーの改善に良い方法です。
便秘になってしまっても、薬を飲めばいとも簡単に、対策はできるとは思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。
例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂るのが効果的で、不溶性、水溶性の2つの食物繊維を一緒に摂るのが大事です。
野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。
乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルト。
過去に白血病に罹患し、闘病経験をお持ちの渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。
あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドで引く手あまたの渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、高い効果が期待できそうなような気がします。
インフルエンザをあらかじめ防ぐためにいいといわれているものに乳酸菌があります。
大体1年くらい前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったというコンテンツを見ました。
私の子供が受験生でしたので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。
腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが最もいいそうです。
娘のインフルエンザ対策の接種に伺いました。
私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見てうたれています。
予防注射の後は怖い!と伝えていました。
もっと怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も口できませんでした。
便通をよくするのに効果的なものは、乳酸菌が入っているサプリメントです。
腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、ヨーグルト・乳酸菌飲料などは口にしたくないという人も多いです。
連日乳酸菌を含む食品を口にするのは大変です。
それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんと乳酸菌を摂取することができますので、便秘が改善することになります。
アトピー性皮膚炎は非常に耐え難い症状が出ます。
暑かろうが寒かろうが一年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。
夏は汗のせいでかゆみが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。
また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、誤って食べてしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、呼吸困難になる恐れもあります。
アトピーに大変よい化粧水を使い続けています。
友達からすすめられた化粧水は、私の重症だったアトピーを見違えるほどきれいに治してくれたのです。
毎朝鏡を見るのが、楽しみで仕方なくなりました。
触る度にお肌がスベスベしていることを感じられます。
ぱっと乳酸菌から思い浮かぶのはカルピスかもしれません。
子供のころから、毎日楽しんでいました。
その理由は乳酸菌が入っているからです。
毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。
ですので、私は便秘になった事がありません。
もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで大変健康になりました。
現在は毎年のように寒くなるとインフルエンザにかかる人が続出しています。
年々予防注射で予防する人も増える一方ですが、都市部ではとても多くの人が感染しています。
いくつも感染経路は可能性がありますが、電車や街中、仕事場など、大人数と接触する時に感染をしているのだと思います。
乳酸菌を食べたり飲んだりすると色んな効果があります。
内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、いい方向へと働きかけます。
疫力アップにつながり、沢山の健康に対する良い効果が得られます。
アトピーに良い効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。
乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いんです。

-こそだて

Copyright© ぜったいキレイになる〜 , 2018 AllRights Reserved.